fc2ブログ
わんバーガー・ねこコルネ。

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

報告。

みなさんこんにちは。


ローラの出産の件で皆さんから

温かいメッセージや励ましのお言葉を頂きほんとうに感謝してます。





早朝にローラのお腹にいたひとつの光は

          この世の光を見る事ができずに虹の橋を渡ってしまいました。





まだ動揺していて、うまく文章で表現できなくて

読みぐるしい点もあると思いますが、御了承下さい。






昨日20日の午前中、赤ちゃんの様子を確認する為病院へ行ってエコーをとりました。

この時は元気にローラのお腹の中を動き回っていて心音も元気に聞こえていました。

触診(指をつっこんで赤ちゃんがどの辺りまで降りてきているか確認)でもローラの骨盤の広さと

赤ちゃんの大きさからしても大丈夫だろうとの事で家に戻る事になりました。

 

その日の夜中にローラが落ち着きなく動き、息をあらげていたので様子を見ていると

出産予定日より2日早くの陣痛でした。

頑張ってイキんではいたのですが、なかなか出て来ないので

すぐに病院へ連絡を取り、指示を仰ぎました。



ローラが初産で一人っ子というのもあり、慎重に様子を見ながら見守っていましたが

難産かも、とお医者様の判断で病院へ行く事になりました。

すぐにエコーをとり、心音確認したのですがあまりハッキリしないとの事で

先生が指をつっこんで赤ちゃんを取り出そうと頑張ってくれましたが

ひっかかってなかなか出てこず、急きょ帝王切開に…



病院へ連れて行ったのが3時頃、手術にしましょうと判断したのが4時、

一度家へ帰り、赤ちゃんの無事を願いながら電話連絡を待ち、

手術が終わり、病院へ駆け付けたのが6時

虹の橋を渡った赤ちゃんとの対面でした…。




ローラと一緒で黒色で手足にロックと一緒のレッドの毛が混じってる男の子…

眠ってるだけ?と思うほど綺麗で可愛い赤ちゃんでした。





赤ちゃんは思った以上に体長が長く、大きい子で、ローラの体格からしたら

かなり苦しい出産だった様で、胎盤が途中ではがれてしまったのが

原因かも…との事でした。




あの時にあーしとけばこうしとけば…と後悔の念でいっぱいになりました…。




けど、

家に帰り、何が起こったのかもわからない様子で、麻酔から目を覚ましたばかりの

ローラが私達の顔をジッと見つめ、弱弱しくもシッポを振る姿を見て…

ローラだけでも元気で良かった…と心から思いました。







最後まで産む事をあきらめなかったローラ、

ローラがイキんでる姿を心配そうにすぐ横で見守ってたロック、

よく頑張ったね!

あなたたちの赤ちゃんはこの世では光を見れなかったけど

きっと虹の橋の向こうであたたかく見守ってくれてるはずだよ。





深夜にも関わらず、何度も電話をしてくださった病院の先生、スタッフの皆様、

励ましのメッセージをくれた皆さまに心から感謝したいと思います。




                              
                                 6月21日  れいさん。
スポンサーサイト



|  ローラ・出産の事 | 09時31分 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

最後表紙